多木浜洋館 兵庫県加古川市
学校法人 多木学園 多 木 浜 洋 館 
浜洋館のホームページ」は引越しました。
ブックマークの変更をお願いします
新しいホームページは   こちら↓
http://www.hamayoukan.befu-youchien.com
 

スマートフォンの方はこちら→
   
 


 
多木久米次郎



1階大広間




階 段




2階鏡の間





 多 木 浜 洋 館(同 比 閣)


   
この建物は、多木化学株式会社の創立者である多木久米次郎が、賓客を迎え
     るために建築したものである。  
     大正7年頃より和風建物(現農園)の西側を整地し、吉川豊吉氏(神戸市)によ
     って基礎工事を完了し、続いて、藤原岩太郎氏(播磨町)により軸組、外壁、屋
     根などの主要部分を建設し終えたのが大正13年であった。 しばらくは工事は
     中断されていたが、昭和初期に再開され、 西村貿易店(京都市)によって内装
     工事が完成したのは昭和8年頃で、設計者は不明である。

   当時の建物の概要
     木造4階建、基礎腰煉瓦造、屋根銅板葺、外壁銅板貼、
     建築面積 延902㎡
      1階・・・玄関、ホール、大広間、配膳室、物置
      2階・・・鏡の間、客室、図書室、寝室、浴室
      3階・・・ホール、客室、和室、ボールルーム
      4階・・・展望室(御真影奉安所)
 

   この建物で一見に価するものは、内装の豪華さである。
    玄関には大理石を敷き詰め、繰り型や彫刻、ステンドグラス(ティファニー製と言
    われている)で壁面を装飾し、木造階段は国会議事堂を模している。
    150㎡の大広間は、桃山風の格天井に極彩色の彫刻をはめこみ、 柱はマホガ
    ニーやチーク材が使われ、また、壁面クロスは西陣織り別注と推察されている。
    2階の客室は中国風朱色で彩られ、「鏡の間」と呼ばれている。
 
    新築当時の洋館からは別府港、多木製肥所(当時)分工場を眼下に見下ろし、
    遠くには播磨灘の家島群島・淡路島を望み、四囲の眺望は絶佳であった。
 
    玄関横の不動明王は、鎌倉末期の作と言われているが、定かではない。
    1階大広間には
     「夾竹桃ある家」 姫路出身の画家 飯田勇 作(大正13年第5回帝展入選作)。
     「硫安工場の秋」 梶悦次 作(日展出品作品)。 
    2階ロビーには
     等身大の木彫「護り」 大野明山 昭和12年の作。
             (須佐之男命が稲田姫を護っている。昭和13年日展入選作品)

    平成10年11月25日   NHK12ch  人間大学
                   「建築探偵。近代日本の洋館をさぐる 第8回肥料王」
                   に放映される
    平成14年5月17日    国の登録文化財として選定された。そのモニュメントと
                   して、 かつて敷地の東側に立っていたレンガ倉庫の
                   門扉を復元
    平成15年6月       銅版屋根葺き替え
                   古い銅版を利用して門扉の補修、海賊船を製作
    平成22年8月       1階の窓、及び2階・3階の客室を復元
                     復元の設計はアトリエサンク 岡本章氏
                     施工は㈱竹田工務店 竹田淳一氏。
    平成24年8月      ㈱龍村美術織物と㈱竹田工務店により、
                  1階大広間の壁面クロスを復元
                  

   平成7年来館された東京大学教授 藤森照信先生の検証によると、「・・歴史的な
     スタイル別にチューダーとかスパニッシュに分けてもいいし、材料別に赤煉瓦造り
     とか木造土壁造り、或いは時期ごとに明治風とか昭和初期とか、あるいは種類別
     に住宅とか倉庫とか。しかし、この建物は これまでのどんな類にも入らない孤立
     した姿をしている。 あかがね御殿と呼ばれる邸宅は、全国各地にあるが、いずれ
     も屋根を銅板で葺いただけで、このように全身をスッポリと銅板で包む例があろう
     とは、考えもしなかった。これこそ、正真正銘の全身あかがね御殿。 今後、屋根
     だけのものは、半身あかがね御殿とでも呼ぶようにしよう・・・」と建物の特異性に
     ついて述べておられる。
    内装についても「和洋折衷が積極的に用いられ、1階の大広間の天井は見事で、
    日光東照宮的に飾られている。細部の精度やバランスや全体の統一感にはあま
    りこだわらず、大胆不敵に大掛かりに見せる点が特徴で、玄関ホールの3階ぶち
    抜きの大空間も、この特徴をよくしめしている」と、肥料王と呼ばれた多木久米次
    郎の心意気を理解されている。

   ♦現在この土地建物は、前理事長 多木燐太郎より多木学園に寄付をされ、学園の
     園外保育地として、別府幼稚園の親子学級・研修・会議・講演会・コンサート・
     同園会、また、多木化学の会議・研修会等多岐にわたり、広く 活用されている。 
    ♦通常、内部は非公開。

    ★ 所定の日時のみ、見学会があります。
      7月の見学会の受付は満員のため、終了しました。

      次は 9月28日(木)14:00を予定しています。
               (ガイドあり。 約1時間。 有料 お一人500円.。 要予約)
      ご希望の方は電話でご予約の上お越しください。
      団体様のご見学は個別にご相談ください。
         (電話受付時間 平日9:00~12:00) 
         (お盆休み期間中等、電話が繋がらない場合はFAXでお申込ください)
               
   ★ お問い合わせ  
       別府幼稚園 電話 (079)437-8176 FAX (079)437-8997
                メール befuyou@fine.ocn.ne.jp
 
 
 
       
       連絡先     学校法人 多木学園 別府幼稚園
                住所 加古川市別府町新野辺1201  電話  (079)437-8176  FAX  (079)437-8997
       多木浜洋館  所在地  加古川市別府町東町174

newpage3.htmlへのリンク